測定器の自作


測定用電子回路作成のキーポイント (細田)

 大学等で低予算で実用レベルの測定器を作成したり、
一般には無い特殊な測定装置やシステムを自作した例を紹介します。
マイコンやCPLD、FPGA、およびZigBee(XBee)などを使った回路もあります。
これらのテクニックや技法を利用すれば、
その他の高性能装置も自作可能かと思います。
紹介した回路等はほとんど全て動作検証済みですが、
参考にする方はこのページ最下段の項目にご注意ください。


はじめに

このページを作成した理由は、
1.いろいろな研究の局面で必要な測定用電子回路を
学生諸君に自作してもらう場合の手助けになるように。
2.測定装置が市販されておらず、
それを自作する必要がある場合の教員や研究者の参考に。
3.市販の装置では性能的に不足であったり、
最適な測定方式をコストパフォーマンス高く実現する方法の参考に。
4.その他、少し興味深い回路を参考に。
などによる。

自作電子回路のページ(種々の自作測定器や光計測器、およびマイコン(AVR)やFPGAを利用したシステムなど)
グラフィック液晶の制御法と回路(簡単な文字表示型からOLEDや高解像度カラーグラフィック液晶まで)
CPLDやFPGAを利用した電子回路や実験装置

FPGAへの初等関数計算、FIRフィルター、FFTの実装
XMegaのBASCOMによるプログラミング

自作する際に使うICや利用するソフト等
いろいろな電子部品の特性や解説
部品の入手法
工具、自作に必要な機器等

その他、開発もののページ

参考文献

図面や添付ファイルについて:PDFの図面をSafariで見る場合、うまく見えなかったりします。その場合はSafariのPDF表示ウインドの左上にある拡大縮小ボタンを押せば、見えるようになります。PDFやBASCOMのソースなどは、各種ブラウザーで、ファイルセーブボタンやマウスの右クリックをするとファイルとしてセーブできます。

最後に:別段、見栄えを気にしないので、このホームページはあっさりしてます。
もし、私のメイルアドレスが分かって、質問メイルをくださる方は、ちゃんとした題名を付けてください。そうでないと、スパムメイルのゴミ箱に行ってしまいますので。(研究にいそがしくて、すぐには返事ができない場合は、ご容赦を。)


免責事項:当サイトを参照して試作および商用した機器による
人的、商的、および財産的損害等については当方は一切責任を負いません。
あくまで技術的資料として参照し、利用者の責任においてご利用ください。


また、一部の資料にケアレスミスなどによる誤りがある可能性があり、
加えて、たまに必要な情報が不足している場合もありますが、その場合はご容赦ください。
プログラムなどの英文(コメント文等)は、えいやっと書いてしまったので、
スペルミスや文法誤りもあるかもしれません。


著作権:現在は、著作権は特には主張しませんので、自由に転載、リンクを許可します。
なお、参照した場合には、参照したという記述を付けておいていただけると幸いです。


特許:当サイトに掲載した回路等については、特には特許権を主張するものではありません。
また、外部の特許については調査しておりませんので、
参考にして作成した機器を販売する場合は、その作成者の責任において対応ください。


その他:各ページにおける感想については筆者の私見であり、一般的に広く認知されたものではありません。